福井探偵|探偵福井|福井の浮気調査|行動調査|

 

ストーカー対策

 

ストーカー/いやがらせ/つきまとい

ストーカー/いやがらせ/つきまとい
 
近年ストーカーと呼ばれる変質者の類が急増し、それに伴い重大な被害を受ける男女も急増しています。
 警察や弁護士など各機関に相談したり、警護を申し出ても実害が無ければなかなか動いてくれないのが実状で、その被害確認も困難な状況です。
 また、被害に遇ってからでは遅いのに・・・彼らは警護してくれるわけではありません。
自分の身は、自分たちで守らなければ、と分かってはいるものの、実際にどうすれば身を守れるのでしょうか?
 受身の姿勢で居る限り、ストーカーは弱者の弱味に付け込んだ手口で狙ってきます。
かといってストーカーに攻撃したり危害を加えれば、逆にこちらが加害者になってしまいます。
 セキュリティ・リサーチのスタッフは、ストーカーの根源、いわゆる根っこから根絶やしにするまでフルサポートいたします。
 心の安らぐ暮らしを取り戻しましょう。
 

「ストーカー規制法について」

「ストーカー規制法について」
 

平成12年11月24日「ストーカー規制法」法律が施行されました
法律での規制対象は「つきまとい等」「ストーカー行為」の2つです
(本ページ下部に法律を記載してあります)

「ストーカー行為」とは?
 「つきまとい等」を繰り返し行うとストーカー行為と認められストーカーに対し警察が警告をします。
 警告に違反すると公安委員会から「禁止命令」が出されます。
 この禁止命令を無視し、違反し、ストーカー行為等を行へば、1年以下の懲役刑または100万円以下の罰金が科せられます。
 ストーカーはターゲットとなる人のプライベートを侵し、恐怖感をもたらしてきます。
 ストーカー対策は早期解決がポイントですのでトラブルが深刻化する前にお早めにご相談下さい。

 

ストーカー調査

ストーカー調査
 
ストーカーとは加害者のゆがんだ感情表現から行為がエスカレートしていくことです。

 ストーカー行為を行っている加害者本人にとっては「悪いことをしている」認識がないことも多くあり、そのまま行為がエスカレートしていくと被害者が安心して日々の生活を送ることができなくなってしまいます。

 ストーカー犯罪が多発し『ストーカー規制法』が制定されたことにより一般的に認識されるようになって警察も介入するようになりましたが、警察は実害がなければなかなか動いてくれません。
近年、千葉県のストーカーが被害者の帰郷先の長崎県で被害者の家族を殺すといった事件も発生しており、甚大な被害が起こる前に早期に対処し、ご本人やご家族の身を守ることが重要なのです。
 
<具体的な調査内容>

① 被害の状況を把握します。
  実際にストーカー被害を受けている場合にはどんな事でも記録をつけるようにする事
 (有効な証拠)が大切です。

 ・パソコンや携帯電話のメールの保存
 ・手紙やプレゼントの保存
 ・無言電話の回数や時間の記録、もし相手が何か話せばその録音 

② いたずら電話、嫌がらせ、つきまとい等、精神的な苦痛を伴う行為に
  おける不審者を特定します。有効な証拠を徹底的に収集すると同時に
  危害を受けないよう必要な処置を行います。
  必要に応じて身辺警護等も行いますので安心して日常生活を送る事が可能です。

③ 必要に応じて警察など公的機関との連携を行います。



このような場合にご相談下さい。

 ・つきまとい、待ち伏せをされている
 ・行動を監視していることを告げられている
 ・無言電話やいたずら電話が多い
 ・郵便物がよくなくなる
 ・いやがらせの手紙やメールが届く
 ・面会や交際を執拗に迫る
 ・著しく名誉を害するような情報を流された

   調査期間  2週間~1ケ月

 

いやがらせ被害・つきまとい・いじめ調査

いやがらせ被害・つきまとい・いじめ調査
 

お子様の状態をチェック!
ひとつでもあてはまったら、いじめのサイン。
大人にはあてはまりませんが、大人の虐めについてもご一緒に考えて参りましょう。

 

チェック項目

 ■最近、元気がない

 
■最近、怪我をして帰ってくる。聞いても答えない。
 
■持ち物がいくつか無くなっている。
 
■親の財布からオカネを盗むようになった
 
■学校に行きたがらない
 
■友達や学校の話をしたがらない
 
■最近ひとりで遊ぶ事が多くなった
 
■着衣が不自然に汚れていることが多い
   
学校側に相談してもなかなか改善されないのがイジメ問題の現状です。
 誰にも相談できず悩んだ末に自ら命を絶ってしまう子供たちも大人にも多いのです。
 大切な人に先の様な異変を感じたらそのままにしておかず、きちんと調べる事が先決です。
 証拠を突きつければ学校側や加害者側にもいじめを認めさせ、対策を講じる事が出来ます。

 「学校にいる間は子供は安全」 といったかつての常識は今はまったく通用しない時代になってしまいました。
 手遅れになる前に早めに手を打つことができれば、ほとんどが簡単に何事も無く解決できるのも、この問題の利点でもあります。
 子供は感情的に繊細で非常にデリケートな問題ですから、細心の注意を払って慎重に調査を進めてゆきます。
 お父さんやお母さんは通っている学校の事や友達の事、子供がどんな遊びをしているか知っていますか?
 熟やお稽古に通わせる事も大切ですが、子供の気持ちを抑圧し大人の目線で物事を考えたり、親の願望を押し付けたりしていないでしょうか。
 いじめの被害者ばかりがイジメ問題ではなくイジメる加害者となってしまうことも同様に不健康です。

 調査をする、しないに関わらず、お子さん本人との対話はなによりも大切です。
 はっきりと聞き出すことができなくても対話を続けてゆきましょう。

 ● ご相談内容と類似したケースをご紹介、次なる最善策をご提案いたします。
 ● 事実解明は大前提であり、当社が提供するのは「貴方の子供の悩み」の解決です。
 ● 料金は明朗、調査依頼はお見積後に十分納得されてから。
 ● お見積書に記載された総額超過(追加請求)は一切なし。
 ● 貴方だけの専属相談員、担当制。

 調査する事で次のような事がわかります。

 ● いじめ・いやがらせの有無
 ● 加害者の特定
 ● いじめ・いやがらせの原因
 ● 現状に至るまでの経緯
 ● 学校や熟などの責任の有無
 ● 証拠の収集
 ● 被害を回避する方法
 ● 今後の対策についてのご提案
 
 

ストーカー規制法

ストーカー規制法
 

ストーカー行為等の規制等に関する法律(平成12年法律第81号)

(目的)
第一条 この法律は、ストーカー行為を処罰する等ストーカー行為等について必要な規制を行うとともに、その相手方に対する援助の措置等を定めることにより、個人の身体、自由及び名誉に対する危害の発生を防止し、あわせて国民の生活の安全と平穏に資することを目的とする。

(定義)
第二条 この法律において「つきまとい等」とは、特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で、当該特定の者又はその配偶者、直系若しくは同居の親族その他当該特定の者と社会生活において密接な関係を有する者に対し、次の各号のいずれかに掲げる行為をすることをいう。
一 つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校その他その通常所在する場所(以下「住居等」という。)の付近において見張りをし、又は住居等に押し掛けること。
二 その行動を監視していると思わせるような事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
三 面会、交際その他の義務のないことを行うことを要求すること。
四 著しく粗野又は乱暴な言動をすること。
五 電話をかけて何も告げず、又は拒まれたにもかかわらず、連続して、電話をかけ若しくはファクシミリ装置を用いて送信すること。
六 汚物、動物の死体その他の著しく不快又は嫌悪の情を催させるような物を送付し、又はその知り得る状態に置くこと。
七 その名誉を害する事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
八 その性的羞恥心を害する事項を告げ若しくはその知り得る状態に置き、又はその性的羞恥心を害する文書、図画その他の物を送付し若しくはその知り得る状態に置くこと。
2 この法律において「ストーカー行為」とは、同一の者に対し、つきまとい等(前項第一号から第四号までに掲げる行為については、身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法により行われる場合に限る。)を反復してすることをいう。
(つきまとい等をして不安を覚えさせることの禁止)
第三条 何人も、つきまとい等をして、その相手方に身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせてはならない。


(警告)
第四条 警視総監若しくは道府県警察本部長又は警察署長(以下「警察本部長等」という。)は、つきまとい等をされたとして当該つきまとい等に係る警告を求める旨の申出を受けた場合において、当該申出に係る前条の規定に違反する行為があり、かつ、当該行為をした者が更に反復して当該行為をするおそれがあると認めるときは、当該行為をした者に対し、国家公安委員会規則で定めるところにより、更に反復して当該行為をしてはならない旨を警告することができる。
2 一の警察本部長等が前項の規定による警告(以下「警告」という。)をした場合には、他の警察本部長等は、当該警告を受けた者に対し、当該警告に係る前条の規定に違反する行為について警告又は第六条第一項の規定による命令をすることができない。
3 警察本部長等は、警告をしたときは、速やかに、当該警告の内容及び日時その他当該警告に関する事項で国家公安委員会規則で定めるものを都道府県公安委員会(以下「公安委員会」という。)に報告しなければならない。
4 前三項に定めるもののほか、第一項の申出の受理及び警告の実施に関し必要な事項は、国家公安委員会規則で定める。

(禁止命令等)
第五条 公安委員会は、警告を受けた者が当該警告に従わずに当該警告に係る第三条の規定に違反する行為をした場合において、当該行為をした者が更に反復して当該行為をするおそれがあると認めるときは、当該行為をした者に対し、国家公安委員会規則で定めるところにより、次に掲げる事項を命ずることができる。
一 更に反復して当該行為をしてはならないこと。
二 更に反復して当該行為が行われることを防止するために必要な事項
2 公安委員会は、前項の規定による命令(以下「禁止命令等」という。)をしようとするときは、行政手続法(平成五年法律第八十八号)第十三条第一項の規定による意見陳述のための手続の区分にかかわらず、聴聞を行わなければならない。
3 前二項に定めるもののほか、禁止命令等の実施に関し必要な事項は、国家公安委員会規則で定める。

(仮の命令)
第六条 警察本部長等は、第四条第一項の申出を受けた場合において、当該申出に係る第三条の規定に違反する行為(第二条第一項第一号に掲げる行為に係るものに限る。)があり、かつ、当該行為をした者が更に反復して当該行為をするおそれがあると認めるとともに、当該申出をした者の身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害されることを防止するために緊急の必要があると認めるときは、当該行為をした者に対し、行政手続法第十三条第一項の規定にかかわらず、聴聞又は弁明の機会の付与を行わないで、国家公安委員会規則で定めるところにより、更に反復して当該行為をしてはならない旨を命ずることができる。
2 一の警察本部長等が前項の規定による命令(以下「仮の命令」という。)をした場合には、他の警察本部長等は、当該仮の命令を受けた者に対し、当該仮の命令に係る第三条の規定に違反する行為について警告又は仮の命令をすることができない。
3 仮の命令の効力は、仮の命令をした日から起算して十五日とする。
4 警察本部長等は、仮の命令をしたときは、直ちに、当該仮の命令の内容及び日時その他当該仮の命令に関する事項で国家公安委員会規則で定めるものを公安委員会に報告しなければならない。
5 公安委員会は、前項の規定による報告を受けたときは、当該報告に係る仮の命令があった日から起算して十五日以内に、意見の聴取を行わなければならない。
6 行政手続法第三章第二節(第二十八条を除く。)の規定は、公安委員会が前項の規定による意見の聴取(以下「意見の聴取」という。)を行う場合について準用する。この場合において、同法第十五条第一項中「聴聞を行うべき期日までに相当な期間をおいて」とあるのは、「速やかに」と読み替えるほか、必要な技術的読替えは、政令で定める。
7 公安委員会は、仮の命令に係る第三条の規定に違反する行為がある場合において、意見の聴取の結果、当該仮の命令が不当でないと認めるときは、行政手続法第十三条第一項の規定及び前条第二項の規定にかかわらず、聴聞を行わないで禁止命令等をすることができる。
8 前項の規定により禁止命令等をしたときは、仮の命令は、その効力を失う。
9 公安委員会は、第七項に規定する場合を除き、意見の聴取を行った後直ちに、仮の命令の効力を失わせなければならない。
10 仮の命令を受けた者の所在が不明であるため第六項において準用する行政手続法第十五条第三項の規定により意見の聴取の通知を行った場合の当該仮の命令の効力は、第三項の規定にかかわらず、当該仮の命令に係る意見の聴取の期日までとする。
11 前各項に定めるもののほか、仮の命令及び意見の聴取の実施に関し必要な事項は、国家公安委員会規則で定める。


(警察本部長等の援助等)
第七条 警察本部長等は、ストーカー行為又は第三条の規定に違反する行為(以下「ストーカー行為等」という。)の相手方から当該ストーカー行為等に係る被害を自ら防止するための援助を受けたい旨の申出があり、その申出を相当と認めるときは、当該相手方に対し、当該ストーカー行為等に係る被害を自ら防止するための措置の教示その他国家公安委員会規則で定める必要な援助を行うものとする。
2 警察本部長等は、前項の援助を行うに当たっては、関係行政機関又は関係のある公私の団体と緊密な連携を図るよう努めなければならない。
3 警察本部長等は、第一項に定めるもののほか、ストーカー行為等に係る 被害を防止するための措置を講ずるよう努めなければならない。
4 第一項及び第二項に定めるもののほか、第一項の申出の受理及び援助の実施に関し必要な事項は、国家公安委員会規則で定める。

(国、地方公共団体、関係事業者等の支援)
第八条 国及び地方公共団体は、ストーカー行為等の防止に関する啓発及び知識の普及、ストーカー行為等の相手方に対する支援並びにストーカー行為等の防止に関する活動等を行っている民間の自主的な組織活動の支援に努めなければならない。
2 ストーカー行為等に係る役務の提供を行った関係事業者は、当該ストーカー行為等の相手方からの求めに応じて、当該ストーカー行為等が行われることを防止するための措置を講ずること等に努めるものとする。
3 ストーカー行為等が行われている場合には、当該ストーカー行為等が行われている地域の住民は、当該ストーカー行為等の相手方に対する援助に努めるものとする。

(報告徴収等)
第九条 警察本部長等は、警告又は仮の命令をするために必要があると認めるときは、その必要な限度において、第四条第一項の申出に係る第三条の規定に違反する行為をしたと認められる者その他の関係者に対し、報告若しくは資料の提出を求め、又は警察職員に当該行為をしたと認められる者その他の関係者に質問させることができる。
2 公安委員会は、禁止命令等をするために必要があると認めるときは、その必要な限度において、警告若しくは仮の命令を受けた者その他の関係者に対し、報告若しくは資料の提出を求め、又は警察職員に警告若しくは仮の命令を受けた者その他の関係者に質問させることができる。


(禁止命令等を行う公安委員会等)
第十条 この法律における公安委員会は、禁止命令等並びに第五条第二項の聴聞及び意見の聴取に関しては、当該禁止命令等並びに同項の聴聞及び意見の聴取に係る事案に関する第四条第一項の申出をした者の住所地を管轄する公安委員会とする。
2 この法律における警察本部長等は、警告及び仮の命令に関しては、当該警告又は仮の命令に係る第四条第一項の申出をした者の住所地を管轄する警察本部長等とする。
3 公安委員会は、警告又は仮の命令があった場合において、当該警告又は仮の命令に係る第四条第一項の申出をした者がその住所を当該公安委員会の管轄区域内から他の公安委員会の管轄区域内に移転したときは、速やかに、当該警告又は仮の命令の内容及び日時その他当該警告又は仮の命令に関する事項で国家公安委員会規則で定めるものを当該他の公安委員会に通知しなければならない。ただし、当該警告又は仮の命令に係る事案に関する第五条第二項の聴聞又は意見の聴取を終了している場合は、この限りでない。
4 公安委員会は、前項本文に規定する場合において、同項ただし書の聴聞又は意見の聴取を終了しているときは、当該聴聞又は意見の聴取に係る禁止命令等をすることができるものとし、同項の他の公安委員会は、第一項の規定にかかわらず、当該聴聞又は意見の聴取に係る禁止命令等をすることができないものとする。
5 公安委員会は、前項に規定する場合において、第三項ただし書の聴聞に係る禁止命令
等をしないときは、速やかに、同項に規定する事項を同項の他の公安委員会に通知しなければならない。

(方面公安委員会への権限の委任)
第十一条 この法律により道公安委員会の権限に属する事務は、政令で定めるところにより、方面公安委員会に委任することができる。

(方面本部長への権限の委任)
第十二条 この法律により道警察本部長の権限に属する事務は、政令で定めるところにより、方面本部長に行わせることができる。


(罰則)
第十三条 ストーカー行為をした者は、六月以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
2 前項の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。
第十四条 禁止命令等(第五条第一項第一号に係るものに限る。以下同じ。)に違反してストーカー行為をした者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
2 前項に規定するもののほか、禁止命令等に違反してつきまとい等をすることにより、ストーカー行為をした者も、同項と同様とする。
第十五条 前条に規定するもののほか、禁止命令等に違反した者は、五十万円以下の罰金に処する。

(適用上の注意)
第十六条 この法律の適用に当たっては、国民の権利を不当に侵害しないように留意し、その本来の目的を逸脱して他の目的のためにこれを濫用するようなことがあってはならない。



附 則
(施行期日)
1 この法律は、公布の日から起算して六月を経過した日から施行する。

(条例との関係)
2 地方公共団体の条例の規定で、この法律で規制する行為を処罰する旨を定めているものの当該行為に係る部分については、この法律の施行と同時に、その効力を失うものとする。
3 前項の規定により条例の規定がその効力を失う場合において、当該地方公共団体が条例で別段の定めをしないときは、その失効前にした違反行為の処罰については、その失効後も、なお従前の例による。

(検討)
4 ストーカー行為等についての規制、その相手方に対する援助等に関する制度については、この法律の施行後五年を目途として、この法律の施行の状況を勘案して検討が加えられ、その結果に基づいて必要な措置が講ぜられるべきものとする。

 

ホームページトップへ

セキュリティリサーチ福井探偵本部
〒919-0483
福井県坂井市春江町石塚
☎:0120-89-4804
TEL:0778-42-5112(代表)
FAX:0778-42-2510
丹南事業所 越前市平出
奥越事業所
嶺南事業所
────────────

1.浮気・行動素行調査
2.結婚調査
3.身元調査
4.所在調査
5.損害保険調査
6.物件・入居者調査
7.流動資産・不動産調査
8.各種データ照会調査
9.証拠立証・立件調査
10.盗撮・盗聴器発見調査
11.企業調査
12.採用・雇用・人事調査
13.人探し行方調査
────────────
qrcode.png
http://24eyes.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

<<エースペック株式会社>> 〒919-0483 福井県坂井市春江町石塚 TEL:0120-89-4804 FAX:0776-89-1216